FC2ブログ

記事一覧

LaTeX

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
LaTeXって聞いたことありますか、たぶんないでしょう。

TeXをちょっと強くした奴だそうです。うちのゼミではLaTeX使ってますがLaTeXでもテフって呼ばれてます。TeXの読み方は、テックまたはテフだそうです。テフのほうが知り合い含めてよく呼んでるのでそっちのほうがメジャーに感じますが、所属する組織によってこのあたりの文化は違いそうです。まあTeXにLaがついたのでラテフだかラテックと呼ぶのが正しそうです。
ちなみに僕は見たものをそのまま発音する程度の知性の高さをお持ちなのでラテックスって素で読んでました。エッチするときにつけるやつになりましたね。全身がR-18な僕にふさわしい読み方です。

ここでLaTeXは何ぞやの前に、そもそもなんて読むのという第一段階のぎもんを解決できたので、LaTeXについて簡単い説明していきましょう。
LaTeXとは、数式に自信のある組版ソフトです。
終わり
僕の感想としては、まだ5文くらいしか書いてないですが馬鹿みたいに使いにくいです。なんで文書書くのにコーディングしてるみたいな気分にならなきゃいかんのだという感じ。こんなもんパリピの私には向いてません。インキャしか使わないゴミです。
というのが私のLaTeXに対する評価。

とはいえ、研究室でこれ使って書くって言われてるんだし、変に反抗してMS Word使うわけにもいかないので、とりあえず特長をかいておきましょう。
・数式に自信ニキ
とにかく数式に強い。いわゆる、算数のテストとかに出てくる数式って、Officeじゃ無茶苦茶入力し辛いんです。それが簡単に入力できる。これはとにかく第一の長所でしょう。数学者や情報系の研究者において長く愛用される理由はこれですってかこれしかない。
・仕上がりが美しい
できた仕上がりが美しいです。研究室で熟成されたテンプレートがあるという例が多いでしょう。

うん、利点はこれ。知り合いも仕上がりが美しいという理由で愛用してるそうですが、仕上がりの美しさは良くても中身を作るのがクッソめんどくさいです。僕の感想としては。仕上がりの美しさより中身ちゃんとしようねって話だし、コーディング的に執筆するので、PDFに出力するまで、仕上がりがどうなるかは全く分からない。作業の容易さ、美しさが一切無視されています。こんなもん使うだけストレスという感想でした。ちなみに私の研究は所謂数式をあまり使わないものになったというか、数式として体系化されていないようなことをやってるので書く数式があまりないんです。ということで、卒論のフォーマットが既にある以外LaTeXの利点が一切活きないんですねww残念(笑)

先輩は、下書きめんどくさいからWordで書いて、あとでLaTeXにコピペしたら楽だよって言ってました。天才。

ちなみに卒論は名前だけ書いてあとは真っ白です。実験途中です。卒業できんのかな俺。それよりDTのほうをなんとかさせろください。女子大生からのご連絡お待ちしています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント